ミニバスチームの作り方

ミニバスケットボールチームに保護者・コーチとして携わり約13年。 その間に起こった様々な問題をもとに良いチーム作りの方法を個人的な見解で綴ります。

キャプテンはどうやって決めるか?

スポンサーリンク

f:id:ms_studio:20170530115133j:plain

キャプテン(Captain)とは…

  • スポーツにおけるリーダー役のこと。

では、リーダー(leader)とは…

  • 先頭となるもの。
  • グループ、集団を代表、指導、先導、統率する存在。

Wikipediaでは書いてあります。

では、ミニバスにおけるキャプテンとは何が求められるのでしょうか。

ミニバスにおけるキャプテン

チームによって変わるとは思いますが、やはりチームを先導・統率することが求められると思います。
私が指導者の時は、練習中の声かけや次の練習メニューへ移る時の指示など、いちいち指導者が指示しなくてもキャプテンが指示するように指導していました。

また、練習試合や公式戦などで団体行動が必要となる場合は、タイムスケジュールを把握して自分たちで行動する、右も左もわからない下級生のお世話もキャプテンが中心となって行うようにしていましたね。

必要とされる資質

信頼される人になることが必要。
それもチームのメンバーからはもちろん、指導者からも。

どうやったら信頼されるようになるか。

  • まずは練習を休まないこと。
  • 練習は手を抜かずに一生懸命に取り組むこと。
  • 自分で考える力があること。
  • 現時点で必要なことを理解し、率先してチャレンジすること。

なんだか、あたりまえの事ですよね。
でも、この「あたりまえ」が現在の子どもたちはできていないんです。

親が手助けしすぎて子どものチャレンジする機会を奪っている

切実に感じていることです。親があまりにも過保護で。

まずはチャレンジさせてみましょう。チャレンジさせた後で必ず壁にぶち当たります。
その時に解決の方法を一緒に考える。
「こんな方法もあるよね?」
本人がナルホドと思ったら、それにチャレンジさせてみる。
それでもダメなら、また一緒に考える。

答えを与えてはいけません。自分で判断しなくなるので。

まずは「あたりまえ」ができるように、チャレンジする習慣付けから始めてみませんか。